宿泊日
宿泊日数・客室数
人数/1部屋あたり合計
大人 名様
中学生以上 名様
小学生布団あり 名様 / 布団なし 名様
幼児布団あり 名様 / 布団なし 名様
ご予算/1部屋もしくはお1人様あたり
まで
お客様区分必須
【組合員】国家公務員/国家公務員OB(年金受給者)の方
【優待会員】他の共済組員/公庫・公団等の職員

閉じる

BANQUET & MEETING宴会・会議

お料理

お料理

桔梗/お一人様9,000円(税・サービス料込)

桔梗

お一人様 9,000円(税・サービス料込)

百合/お一人様11,000円(税・サービス料込)

百合

お一人様11,000円(税・サービス料込)

含まれるもの・オプション

含まれるもの

  • 料理(個人盛・大皿盛)
  • 陰膳
  • フリードリンク(ビール・日本酒・焼酎・ウイスキー・ソフトドリンク)

オプション

  • 引物・引菓子も承ります

※お料理は10名様より承ります。

※会場内での読経と焼香の利用はご遠慮いただいております。

※写真は全てイメージです。

※季節や仕入れ状況により、内容が変わる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

※上記プラン以外にもご要望・ご予算に合わせて承ります。

お供え用花イメージ

ご法要豆知識

ご法要豆知識

お日取りについて

故人のご命日に行うのが理想ですが、寺院の都合やご参会の方々のご都合に合わせ、ご命日の1ヶ月ほど前よりお日取りをお選びになるのが一般的です。ご命日より前に営まれるのがしきたりとされています。

宗派について

仏教

仏教では初七日から七日ごとに四十九日まで供養をします。四十九日には忌明けの法要を行います。さらに、一年後の祥月命日(同月同日)に一周忌、満二年目に三回忌、以後数え年で数えて七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌、百回忌と続きますが、通常は三十三回忌や五十回忌などで「弔い上げ」として区切りをつけ、それ以降は先祖代々供養します。

神道

神道では仏教の法要にあたる儀式を「霊祭(れいさい)」と呼んでいます。十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭を行い五十日祭の翌日が忌明けとなります。その後は百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続きます。

キリスト教

プロテスタントでは七日目か十日目、または一ヶ月目の召天記念日に記念祭を、その後は一年目、三年目、五年目などに追悼会を行います。カトリックでは三日目、七日目、三十日目、一年目に追悼ミサを行い、以後毎年の命日に追悼ミサを捧げます。

WEB忌日表はこちら

ご法要までのご準備

ご法要までのご準備

ご法要までのご準備イメージ

  • 【6~2ヶ月前】お日取りのご決定・ご参会者の名簿作成・ご案内(状)の準備・お引物の手配
  • 【1ヶ月前】ご参会者へのご案内(案内状発送)
  • 【2週間前】詳細のお打合せ(ご出席人数/お料理・お飲み物/会場レイアウト/お引物など)
  • 【2日前】最終お打合せ(ご出席人数とお引物の確認/席の確認/時間の確認)

ご予約・お問い合わせ

宴会予約直通096-355-0123

ページトップへ戻る